ヘアーライン仕上げ

ステンレス(SUS)には色々な表面加工があります。ヘアライン(H.L)もそのひとつです。
名前のように髪の毛のような細さの線が一定方向に向かって筋として走っています。
へアライン材を使った溶接の仕事は仕上げがとても難しいことで有名です。

面と面の溶接を行うと写真のように溶けた鋼材と溶剤が団子のようにビードを形成します。
これこそが溶接した「証」のようなものなのですが、これをいかに平面の状態に戻すか。そして本来存在したはずのヘアラインの線を復元するか。
そこに溶接工、職人としての腕が試されます。
当社はステンレスの溶接も得意としています。熟練の職人たちの技術がお客様に納得していただき、お褒めいただくことも多いのです。

ヘアライン独自の高級感は、それ相応の技術が支えていると言っても過言ではありません。

​今、依頼している加工先のヘアラインの仕上げに満足してないお客様。是非とも当社にご相談ください。
 

1/2